ECCの教室ができるまで

  • 2019.06.03 Monday
  • 23:03

 

2019年の春からECCジュニア武蔵中原駅東教室を開講ということで教室作りはその前の年の冬から始まって、無料体験を何度も繰り返しまだまだ生徒募集中なんですが、殺風景なただの四角い箱をいかに子供たちに楽しんでもらえる教室にするか日々考えているわけです。

 

物件探しから始まって、いくつかの少ない候補から選ばれた場所なのですが、見に行った時の状態はまだ前の人が出て行く前の状態でした。しかも事務所として使っていたというにも関わらず、ほとんど人の出入りはなかったとの事。怖いですね。とはいえ、この残された事務机や椅子などが運び出され、そこからリフォームが入りました。床が1段上がって配線が見えなくなるというパネルが貼られ、絨毯張りになりました。

 

 

この状態から英会話教室を想像し、今の状態まで持って行くにはかなりの試行錯誤がありました。

 

まずは、図面から考えました。

 

一応寸法は計って考えたのですが、実際作って見なければイメージできないところも多く、なんとなくという感じで考えました。

労力もあまり考えずにこういう風ならいいかな、という感じのイメージ図です。

で、まずは
こんな感じに組みました。
2歳の小さな子供も受け入れるわけですから、床も人工芝を敷いてキャンプ場みたいな雰囲気を目指していました。窓が大きくてよいのですが、小さな子は落ちてしまいそうなくらい低い腰窓なので木枠で危なくないように窓を囲いました。人工芝は前から憧れていたのでどうしても敷いてみたくてちょっと奮発して購入しました。
その後、ホワイトボードを入れて、会議机を入れて、椅子を入れて、

 

 

 

こんな感じになりました。

 

 

ポスターを貼って、部屋を飾って、植物入れて。クリスマスあたりの教室の様子です。
結局左右にベンチは作れず、本棚は安いのを購入しました。台所周りも柱は危ないので無しにしました。

 

これは春頃。

 

ところが、植物たちが、うまくいった子とそうでない子ができてしまいました。私が毎日くるわけではないので少し多めに水をやっていたのでまずは立派に垂れ下がっていたネックレス系のやつが根腐れを起こしました。その後さようならしました。フサフサだったコウモリランは日光不足、水分不足で葉を何枚か枯らしてしまいました。その後家の庭で元気にしています。うまくいったのはエバーフレッシュ通称エバフレと尖った葉の鉢植えと、多肉、シュガーパインでした。エバフレは今や大きくなって先日鉢植えをしましたし、花も咲いて種も取れて現在種を育成中です。また新しい花の蕾も付いています。シュガーパインもいい具合に垂れ下がっています。

 

 

時には折り紙で季節のものを折っています。

 

その後教室前には
こんな立派な看板も出て、でも全然生徒が足りない状態が続いています。笑
でも、でも、今来てくれいる生徒たりはみんなとても一生懸命で可愛い子ばかりです。
私も英語は現在進行形で勉強中だし、先生としては全然新米でだめな所も一杯あると思うので一歩ずつ前進して行きたいと思っています。冬頃から英会話喫茶で外人さんと喋るようになりましたが、今だに言いたいことがパッと出てこず、後からなんであんな簡単な事が言えなかったんだろう、と思うこともよくあります。ECCの英語勉強システムは間違いなくよくできてるし、通ってくれている子供達はみんな学校の英語は余裕だし、みんなでステップアップできたらいいなぁ、と思います。

 

あれ?英語の話になってしまいました。

 

教室作りはこんな感じで進んでいたのでした、という話でした。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM